はさみの手 | 43ntw2 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Re: http://kgq3vd.sa.yona.la/3

はさみの手

reply

 おいでと手を差し出すと、蟹の子はむっつりと唇をへの字に曲げ、そっぽを向いた。

 何か言ったかしたかと、私はつい悲しそうな表情を浮かべて、蟹の子の顔を覗き込むようにする。蟹の子はますます意固地によそを向き、怒った時にはそうするように、小さなはさみの両手を頭上に振り上げた。

 はさみの先が、顔を近づけていた私の、前髪の先へ軽く当たり、思ったよりもずっと鋭いそのはさみの切っ先で、すぱりと私の髪が切り落とされる。

 驚いて私は身を引き、蟹の子も驚いて両手のはさみを胸の前に抱え込むようにして、私たちは一緒に、そこに落ちた髪のひと房を眺めていた。

 ああ、と思わず私は声を上げ、だがそれは悲しみや悔しさや恐ろしさではなく、単に驚いただけの声だったのだが、蟹の子は両手を抱え込んで小さな体をいっそう縮め、さっきまでよそを向いていた顔をこちらに上目遣いに、心底申し訳なさそうな、そして怯えた顔をしていた。

 大丈夫、と私は髪を切られた辺りの額を片手で押さえながら笑って見せる。蟹の子はそれでも表情を崩さずに、放っておけば泣き出すかもしれないと私は思う。

 髪なんか、すぐに伸びるから。

 できるだけ明るく、私は蟹の子に向かって言った。

 無理はしていない。私のまったくの真正の本音だ。だが蟹の子は信じていない風に、ずりっと後ろへ半歩下がった。

 これはいけない。何を言っても信じてはくれない。私はそう考えて、それがそのまま表情に悲しそうに浮かんでしまい、蟹の子はそれをどう取ったのか、今度こそほんとうに泣き出しそうに、真っ黒いつぶらな目を潤ませて、だから海の水は辛いのだなと、私はよそ事を思う。

 蟹の子を泣かせてはいけないと、私はそればかりで頭の中をいっぱいにして、そうしてひらりと思いついた時には、手の中に大きなはさみを握り締め、その、蟹の子どころか、私の掌の2倍もありそうなはさみで、掌いっぱいにつかみ取った後ろ髪を、じょきりと一気に切り落とした。

 蟹の子は声は上げず、だが意外な表情豊かさで、全身で呆気に取られ、私をあの真っ黒な目をいっぱいに見開いて見つめ、私はそれに応えるように顔いっぱいで笑うと、手の中につかんでいた、私から離れてしまった髪の毛を、後ろの方へぱさりと放った。

 ざくりと切った今は揃わない後ろ髪が、あごの線を撫でて来る。面倒くさい長さになってしまったと私は感じた。

 蟹の子は、呆然とした後で気を取り直し、そしていっそう色濃く悲しげな気持ちをそこへ刷くと、赤い体がなんだかひと色失せたようで、人も顔色を失うが、蟹だって同じように青くなるのだと、それはとても場違いで不思議な発見だった。

 触わると、痛い。

 蟹の子はまだ両手を抱え込んだまま、ようやくぼそりと言った。

 何だって?

 よくわからず私が聞き返すと、蟹の子はうつむいて、ふるふる広いが薄い肩を震わせて、はさみの手では傷つけずに優しくは触われない、と小さな声で言った。

 今度は私が呆気に取られた。

 ああ、そうだったの。

 だから私が近寄ったり、近寄らせたりしようとすると、あんな顔をして見せたのだ。

 蟹の子が私をまた上目遣いに見る。私は蟹の子を見下ろし、微笑んで見せる。私の笑顔を見て、蟹の子はようやく胸の前に組んでいた腕をほどいた。

 蟹の子へ向かって体を近づけると、切ったばかりの中途半端な長さの髪が、ふわふわと顔の回りに散った。その眺めは思った以上に慣れず、顔をしかめかけた私は、思いついたままを蟹の子へ向かって口にしていた。

 髪を切るのを手伝って。

 言いながら、私はまたひと房目の前に垂れた髪の毛を指先につまみ、ぶすりと手にしていたはさみで切り落とす。そしてまた別の次のひと房。

 そうしながら、蟹の子へいっそう頭を近づけて、髪の毛が届くようにしてやると、蟹の子はゆらりと立ち上がり、私の方へはさみの手を伸ばして来た。

 ぱさりぱさり。ばさりばさり。私の髪の毛がどんどん切られてゆく。次第に私たちは愉快になり、笑い転げながら髪を切り続けた。

 垂れる長さが足りなくなると、私は蟹の子を用心深くつまみ上げて肩に乗せ、そこで髪を切るように頼んだ。

 私は、蟹の子から遠い方の髪を盲滅法につまみ上げては切り落とし、最後には私も蟹の子も髪の毛まみれになり、つんつんと逆立った私の髪は長さもてんでばらばらな、ひどいざんぎり頭になった。

 私は、額からうなじまでをひと撫でし、掌に芝生のように当たる髪の意外な柔らかさに目を細め、ありがとう、と蟹の子に言った。

 切った髪はどうする?

 蟹の子が、私の肩から下を見下ろして訊く。

 さあ、持って帰ったら鳥が巣材にするかも。

 ふうん、と、よくわからない風に、蟹の子がはさみの手で背中の辺りをかく仕草をした。

 鳥にも毛があるのか。

 あるけど、鳥のは羽だから切っちゃ駄目。

 だめ?

 駄目。私の髪が伸びたら、また切って。

 いいとも。

 薄い胸を張って、蟹の子が誇らしげに言った。

 指の揃った人同士の約束なら、ここで小指を差し出すところだが、蟹の子にはその指がない。だから私は、手にしたままのはさみの先を、そっと蟹の子へ差し出した。

 蟹の子は瞬時に私の意図を悟り、自分の小さなはさみの手を向けて来る。銀色に光るはさみの刃先と、鮮やかに美しく赤い蟹の子のはさみの先で、私たちはゆびきりげんまんの代わりの握手を交わす。

 かちんと、蟹の子のはさみの間で、私のはさみの刃先が小さく鳴った。

posted by 43ntw2 | reply (3) | trackback (0)

Trackback URL:

Re: はさみの手

http://kgq3vd.sa.yona.la/5

reply
Untitled

Untitled via Any Canvas

posted by kgq3vd | reply (0)

Re: はさみの手

http://kgq3vd.sa.yona.la/6

reply
Untitled

Untitled via Any Canvas

posted by kgq3vd | reply (0)

Re: はさみの手

http://kgq3vd.sa.yona.la/7

reply
z5hpt5j9

posted by kgq3vd | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.