Twitterに投げたもの。 | 43ntw2 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

Twitterに投げたもの。

reply

涙で汚れた顔を洗いながら、また泣く。



49日目には向こうへ渡る魂を、けれど永遠に引き止めておきたい。



こんなにもいとおしいと、気づいた時には掌は空っぽになっている。



皿を数えて、数が足りないと思った、52日目の朝。



抱いても抱いてももうあたたかくならなかった体の、小ささと軽さを、まだ手が憶えている。



さようならさようなら、素敵なあなた。あなたのいない世界の空気は、こんなにも薄い。



つらいつらい。あなたのいないことが、こんなにもつらい。



あなたがいない。どこにもいない。



● 「カップラーメンの麺が伸びている」から始まる140字の描写


カップラーメンの麺が伸びている。私はそれをじっと眺めている。眺めながら泣いている。チャーシューの色合いが、この間逝ったばかりの猫そっくりで、こんな寒い冬の日、このチャーシューみたいに丸くなっていたあの子の、もう二度とあたたかくはならない体。この冷めたカップラーメンと同じ冷たさ。



● "紅茶はすっかり冷めていた。"で終わる140文字小説


買った紅茶を飲みながら、じきに来るバスを待とうと思った。

にゃーにゃー鳴く子猫。それを見上げる母猫。睨まれても怯まずに、子猫をそっと抱いて地面へ降ろす。

こちらを見ながら去って行く猫の母子の傍らを、乗るはずだったバスが走り去ってゆく。

次のバスまで20分。紅茶はすっかり冷めていた。



● 信号は赤になったで始まるSS


信号は赤になった。ここの信号は長い。足踏みが自然に回れ右して、すぐ後ろのローソンへ向く。カフェラテを買う間に信号が青になり、店を出る時にはまた赤だった。

湯気の立つコーヒーをそっとすすり、湯気越しに見える赤信号への苛立ちは消える湯気と一緒に消えた。


信号は赤になった。

手持ち無沙汰に眺める向こうで、こちら側を見る誰かと合う目。思わず浅く会釈をすると、向こうが微笑みを返して来た。

信号が青になる。微笑みに引き寄せられて、けれど足は遅れて前へ出る。

見知らぬ微笑みとすれ違う私も知らず微笑んでいた。

posted by 43ntw2 | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.